友達タイプの復縁法3

引きずってないと言われた時はどうすればいいのでしょう。
ですが、別にショックを受ける必要はありません。

こちらもあくまで冗談っぽく聞いているわけですから、相手だって冗談で返している可能性もあります。
復縁を望んでいるのならば、もう一つ相手に聞いてみましょう。今度、デートしない?と。
遊びにいくのとデートに行くのは捉え方が全然違いますよね。

現状二人は友達なのですから、デートという言葉には抵抗があるはずです。
ですがもし相手も復縁を望んでいるのであれば、ここでOKが貰えるはずです。

もしもらえたら、デートをしましょう。何度も何度も行ってください。
完全に付き合っているときの感覚がお互いに戻ってきたら復縁を申し込んでみてください。

デートの申し込みで断られてしまった場合、もしかしたら復縁は難しいかもしれません。
相手にとって自分が完全に友達になっているからです。そういう場合はより長期戦となることを覚悟して挑んでください。

復縁

友達タイプの復縁法2

さらに付き合っていた時の楽しかった事を思い出してもらう。相手の人に自分が必要なのだと思い直してもらう訳です。
復縁するには重要なことですね。行動としては、友達ですから普通に遊びに出かけましょう。

女性ならば、さりげないボディタッチ、男性ならば気遣いを見せてみましょう。
遊びに行くのは誰でも楽しいものです。その中でさりげない自分らしさを見せましょう。

遊びに行くのが当たり前のような状態になったら、少し落ち着いた雰囲気の場所でお話をしてみてください
。復縁に重要な課程になります。日常の事はもちろん付き合っていた頃のお話も少しいれてみましょう。

相手が嫌な顔をしなければ進めてもOKです。冗談まじりで振ってみるのもいいでしょう。
そんな会話も出来るようになったら未練があるか、聞いてみましょう。

あくまで軽い冗談の様に聞いてください。引きずっていると答えたならば、その流れで付き合う?と聞いてみましょう。
この場合はOKが出ることが多いです。復縁成功ですね。

友達タイプの復縁法

次は、別れた後に友達関係になっているパターンを見てみましょう。
別れた相手と友達として仲良くしている人は多くはないでしょう。

友達に戻ろうといわれても普通どおりに振舞える訳がありませんものね。
周りの人もどう接していいか戸惑ってしまいます。

ですが、友達に戻ろうというのは、自分との付き合いを続けていきたいから言う言葉で、
完全に縁を切りたいと思っているのであればその様な言葉は出てきません。

友達として付き合っていくという事は連絡先も消さずに残っていますし、普段から接する機会も出てくる訳です。
復縁の可能性も大いにあります。

復縁したいと望んでいるならば、友達という立場を大いに利用していきましょう。
では、復縁する為のポイントを見ていきましょう。

ポイントは友達づきあいにさりげなく付き合っていた時を思い出させる行動をする事です。
付き合う前の多くのカップルは友達だったはずです。その中でお互い惹かれるものを感じていた訳ですから、そこを思い出させるのです。

芽

疎遠タイプの復縁法2

相手に自分といた時の楽しかった感覚などを思い出してもらいましょう。
それぞれ惹かれるものがあって一度は付き合っていた訳ですから、その気持ちを再度もってもらえるようにすればいいのです。

幾度も会話やお出かけを二人で楽しんでください。
楽しんでいるうちに未練がお互いにあるのであれば、自然と復縁に向かっていくはずです。

遊びにいくがデートに行くに変わったり、呼び方が変わったり、手をつないだり、夜遅くまで一緒にいたり
、疎遠な二人から元の二人になる瞬間は人それぞれです。

相手からもう一回付き合わない?と言われることもあるかも知れませんね。
もし、こういった行動が見られなければ自分から、もしよかったらもう一度付き合ってくれない?と自分から聞いてみましょう。

あくまでも、会話やお出かけを十分に楽しんだ後ですよ。お互いが付きあっている時と同じ感覚になっていれば、復縁できるはずです
。焦らずにじっくりと。片思いな感覚で楽しみながら復縁チャレンジしてみましょう。

疎遠タイプの復縁法

疎遠タイプのカップルが復縁するための、ポイントは時間をかけて、ゆっくりとです。
お互いに気まずい訳ですから、出会う前のような緊張感をもって相手と接していきましょう。

復縁に繋がる行動を見ていきます。まずは、メールや電話で連絡を取ることです。
できればメールの方がいいかもしれませんね、電話だとまたけんかに発展するなんてことも考えられます。

メールの返事が誰?だったときは、残念ながら復縁は難しいでしょう。
メルアドが消されて誰だかわからないということですからね。

メール内容はあくまで日常の話題で。
徐々に電話なども使い会話を盛り上げていきましょう。
ポイントは忘れずに、ゆっくりと時間をかけましょう。

相手が心の底から会話を楽しんでくれるようになるまで焦らないでください。
そこから、一緒に出かける約束をしてみましょう。

デートとは言わずにあくまで遊びにいく感覚で。二人で楽しめるところを選択して出かけましょう。
こちらも何度か行うことが鍵です。

デート