元カノと復縁するポイント

彼女との小さなけんかが原因で別れてしまったことってありませんか?
別れてすぐに後悔して元カノに「復縁したい」といっても思い通りにはなりません。

例をあげるなら、「自分の取った行動が悪かった」「話しをしたくて電話やメールを頻繁にする」「会いたくて学校や仕事先など、何も言わずいきなり押しかける」「自分の次に付き合いだした、新しい彼氏のことを考えるだけで、気分が落ち込む」などがあるんですね。
これは失敗する例えです。

気持ちがあせってこういう行動に出る人も少なくはないでしょうか?
元カノと復縁する時のポイントがあるそうなんですが、
それは「絶対に1人で悩まず信頼できる人に相談すること」
1人で悩んでも解決方法は見つかりませんよね?
なんでもそうなんですが、第三者の言葉って納得させられることが多いですね。

そして「それをするときには絶対に正しい方法があり、その方法を間違えないこと」だそうです。
正しい方法ってどんな方法なんですかね?気になる方法ですね。

この2つが元カノと復縁するポイントになるそうです。

復縁

復縁の確率の可能性を診断

復縁の確率の可能性を診断が出来るって本当なんですかね?
これはちょっと疑問におもったんですが、実際にあったら、すごいですよね。
ということで調べてみたんです。
そしたらなんと!!!ありました。その確率の可能性を診断できるところが・・・ビックリしました。

そこでは、初めての診断のときにいくつかの質問に答えてもらって確率をだすそうなんです。
復縁を望んでいる方の確率、可能性を数字に表し、評価形式でだしてくれるそうです。

ここではあくまでも参考という形なので、実際に行動に移すときにはその評価を元にカウンセラーとの話し合いになるといいます。
また、その際に自分に何が足りないのかも診断してくれるそうなので、足りないものを努力して補い自信につなげ、段階をきちんと踏んだうえで復縁の確率を高めたりするんですね。

この可能性の診断を受けた方っているんですかね?気になるところです。
今は色んな診断がありますが、なだ知らない診断とかありそうですね。

この復縁の確率の可能性を診断してくれるところはどんな所なのか気になりますね。
もう少し調べてみるのもいいかもしれません。

元カレと復縁したいときに取る行動

元カレと復縁したい時ってどういう行動をとりますか?
自分の感情のまま動きますか?
実は、別れる時の行動から元カレとそれが出来るかどうかが決まるみたいですね。

というのも別れの言葉をいわれたら、あっさりと受け入れる事が大事だそうです。
この「受け入れる」という行動が後々に元カレと元に戻れることができる行動の1つだそうです。

ただし、全てを受け入れるんではなく、「別れ」という行動を受け入れるだけなんです。
他には元カレが想定している範囲よりもかなり遠くに離れることもそうです。
なぜなら、姿や声を聞くことがないので元カノのことを考えやすくなるみたいですね。

でも、この行動は一歩間違えれば元カレは違う人を好きになる可能性があるんです。
別の行動は「こちらからメールは一切しない」「電話もこちらから一切かけない」というのがあるんですね。

これは復縁の効果が一番あるかもしれないですね。
こちらから一切何もしないということは、元カレの気持ちをあせらせる行為なんですよ。
皆さんの中にもこの行動を取った方っているんではないでしょうか?
この行動はけんかしたときなどにも使いますね。

元カレと復縁したい時に取る行動は他にもまだまだありそうですね。

復縁

離婚から復縁までに何が必要か

離婚から復縁までに何が必要なんでしょう?
離婚からそれにいたるまでに色んなことがあるそうです。

自分や相手の家族はお互いに離婚に追いやったことを感情むき出しにします。
なので、復縁するにも簡単に説得なんてできないですよね。

その時のお互いの気持ちはこの選択が一番いいと思ってるから、その気持ちのまま動いてしまって、後になってそうしたいと思っても時間がかかれば労力もかなりかかるみたいです。

そう思い始めるきっかけは人それぞれ何ですが、子供がいる方だと、週に何回かは会うと思うんですね。

その中で会ってない時の出来事だったり、何気ない会話で「今の自分たちならやり直せるかも」とお互いが思う事もあるそうなんですが、
このことに協力してくれる人がいないと自分たちの気持ちだけではどうにもならないし、子供を親の感情で振りまわしてしまいますね。

優先することを考えれば子供のことが一番先にきますね。
あとは周りの人の助言に耳を傾けることですね。
助言は自分が気づかなかったことが気づけるんです。
これはこの場合に限らず全てのことにいえますね。

復縁を考えている人は今何が本当に必要なのかを考えてほしいです。

復縁について 終章

以上、復縁について書いてきました。復縁とは人が関わってきるためなかなか難しい問題ではあります。
しかし、復縁を望む方は少なくありません。それほど後悔している方がいるのです。

後悔しない付き合いをしたいものですか、うまくはいきませんよね。
そこで復縁に向けての行動をを書いてみました。あくまでも方法論の1つです。

鵜呑みにはしないでくださいね。復縁を望むならば行動を起こさなければいけません。
じっとしてても何も新しいことは起こりません・自分から積極的に相手へのアプローチをしていきましょう。

復縁をしたカップルは以前付き合っていた時よりも距離が縮まり、長く続くことがあるそうです。
一度離れてわかったお互いの必要性。一緒に居るときの楽しさ、落ち着く感じ。

全てをかみ締めて再度付き合う訳ですから、長く続くのかもしれませんね。
周りに復縁カップルがいたら話を聞いてみるのもいいですね。

意外な方法で復縁していたりするかもしれませんので、ぜひ尋ねてみてください。

復縁

復縁したい時の相談出来る窓口

相談窓口。色んな相談窓口がありますが、復縁したい人が相談できる窓口があるのをご存知ですか?
それをしたい人の特徴って相手のことを1人で考え過ぎて身動きが取れなくなるそうなんです。

この窓口ではそれを願ってる人と、その相手の双方から話を聞き、現状、どういう距離が必要なのか、
また、中にはすでに新しいパートナーがいる場合もあるそうなんで気持ちのつけ方などをアドバイスしてくれるみたいです。

それを望んでる人の中には自分のきもちが愛情なのか、それとも同情なのかわからない人もいるみたいで、
アドバイザーのかたも細かく話しを聞いてるそうです。
こういう窓口があることによって、復縁できた方もいるんでしょうが、それは簡単なことじゃないんですね。

お互いを良く知っているからこそ、「今までの自分を180度変える努力をすることも大事」とアドバイザーのかたは言われています。
確かにそうですよね。
今までの自分だったら絶対に復縁はムリですよね。
今までの自分を捨て、成長した自分を見せることで相手の気持ちも変わったりするかもしれません。

復縁したいと思っている方は1度は相談窓口に行ってはいかがでしょうか。

復縁したい方は潜在意識を活用

潜在意識って何でしょう?
別の言い方をすれば「無意識」というそうです。
この「無意識」を利用して復縁できるかもしれないそうなんです。

私は知らなかったんですが、「潜在意識ノート」って言う方法があり、そのノートには相手に対して自分が今思ってることを書いたり、願い事を書き出すとその願いがかなうっていうんです。

ただ、人によってはノートに向かって願い事を書いているときは、ものすごく前向きになったり、親や、友達などに感謝できるようになるみたいなんですが、
一旦ノートから離れると不安になったり、嫌な事を考えるそうなんです。
ノートに書き込むことによって現実を見るんですが、相手といることで自分が何を得たいのかを考えることにもなるみたいですね。

親や友達といるときに「自分の心は周りの人によってみたされているんだ」って思うようになったら、今の現実が分るそうです。その後に相手と復縁できるって確証」はないんですが、自分にとっていい方向に意識が向いてるかもしれないですね。

復縁したい方は潜在意識を活用すれば、相手が戻ってきてくれる可能性はあるかもしれないですね。

ノート

復縁の確率を上げる方法

復縁が成功する確率ってあがったりするんでしょうか?
これに成功した人ってどのくらいいるんでしょう。
そして成功させるためにどんな行動をとって確率をあげたのでしょう。

それを望んでる人がとる行動は、まず、自分の感情を相手にぶつけないこと。
「好き」という気持ちを抑えて相手と接する事が確率を上げる一つの方法です。
また、別れたときに「なぜ、自分は振られたのか?」を考えて、同じ行動をとらないようにすることも方法です。

別れてすぐ、復縁したい気持ちってありませんか?
実はこの気持ちって「あせり」からきてるみたいなんです。
だからと言ってすぐに復縁をせまるのではなく、長い期間、冷静になって相手のことをよく知ることも確立をあげる方法の一つだそう。

その確率をあげるには簡単そうで難しかったりするみたいですよね。
私は経験がないので、友達が経験したことを書いてみました。

友達は復縁してさらに結婚までしているから、冷静自分で相手を良く見て、さらに本人も努力して頑張ったんでしょうね。
確率を上げる方法って実はその人によって違うんではないんでしょうか。

復縁のきっかけを作るには

復縁したい相手に相手がいるけど、どうアプローチすればいいか分りませんよね?
復縁のきっかけを作るにはメールをしたいけど、どんな内容を送ればいいかわからないし、電話もいつかけていいか悩みますね。

かといって待ってるだけじゃ前に進みません。
それに復縁したいのに自分が何も変わってなければ何もなりません。
昔の自分はこうだったけど、今の自分はこうだ!!って胸を張っていえるのであれば相手に気持ちが通じるかもしれません。

ただ、復縁って恋愛じゃないんですよね。
私はそれも恋愛だと思ってました。何故違うのか、恋愛は何度も会って食事に行ったり、遊びに行ったりして相手を好きになっていくんですが、
復縁ってすでにお互いのことを良く知っている相手なんですよね。

なので、本気で復縁をしたい相手であれば色んなことに頑張ってる姿をみせたり、相手に安心感を与えられる人に成長していれば成功する確率は高くなるかもしれません。
そのきっかけを作るには勇気を持って自分から行動をしましょう。

がんばる

復縁のおまじない2

もう一つ復縁のおまじないを紹介します。必要なものは新聞紙です。
新聞紙を10センチくらいの四角い形に切ります。切り抜いた新聞紙に復縁を望む相手の名前を大きく書いてください。

名前を書いた新聞紙を2日間、誰にも見られないように持ち歩いてください。
そして3日目、名前を書いた新聞紙を燃やし、灰を手のひらに乗せます。

火の扱いには注意してくださいね。そして手のひらの灰に向かって「愛する人またね」と笑顔でいいながら、ふっと吹き飛ばしてください。
以上で終わりです。復縁の可能性が高くなる、かもしれません。おまじないに科学的な根拠は存在しません。

自分を奮い立たせるために行うのが、おまじないなのだと思います。
ここでは復縁に関するおまじないを2つ紹介しました。けれども、他にもたくさんあるはずです。

地域限定で広まっているおまじないもあるかもしれません。探してみるといいかもしれませんね。
おまじないはあくまで骨休め。本当の復縁は自分でしっかりとつかみましょう。